装飾店舗紹介 第1弾 ・ 第2段
 
     
     

1957年1月1日東京都出身。山羊座。血液型・A型
カシオペアのリーダーでありメインコンポーザー。カシオペアの大半を作曲し、「ASAYAKE」「LOOKING UP」「TOKIMEKI」「FIGHT MAN」など音楽史に残る名曲を生み出している。劇昂的で力強く、あるいは流れるような涼美的に溢れるメロディラインとスリリングなリズムアレンジでリスナーを魅了する。これまでに7枚のソロアルバムを発表しており、それぞれのアルバムには野呂のアイディアが盛り込まれている。85年「SWEET SPHERE」(LAレコーディング)、89年「VIDA」(ブラジルレコーディング)、96年3月にはCD-EXTRAでの「TOP SECRET」においては、EXTRA部分に自分のイラストや映像などを盛り込み日本初の作品となった。その後、フレットレスギターをフィーチャーしたソロアルバムを2001年「UNDER THE SKY」、2002年「LIGHT UP」と発表。その発表記念ライブでは新たに開発したフレットレスとフレッテッドのWネックギターで華麗かつ巧みなプレーを披露し観客を歓喜させた。このライブは「LIVE ISSEI」シリーズとしてファンの待望のライブとなった。2003年には5作のソロあるアルバムから野呂自身が選曲・監修したベストアルバム「BEST ISSEI」をリリースし、野呂サウンドの魅力が詰め込まれてた聴き応えのある1作として評価を得た。2008年2月に神保彰(Dr)、扇谷研人(Key)、箭島裕冶(B)、林良(Key)と共に“ISSEI NORO INSPIRITS”を結成、渾身の力を注ぎ6作目のソロアルバム「INNER TIMES」を作成。3月28日にはSHIBUYA AXにてお披露目ライブを慣行した。その模様を収めたDVD「REAL TIME」を6月に発売し、そのテクニックの健在振りをアピールしている。同バンドで9月には福岡、大阪、名古屋でのライブツアーを行い、多いに盛り上がった。2009年2月2日六本木STBにおいては、バンドとしての完成度を高めた素晴らしいライブと話題になり、同年12月2日に前作以上にライブを意識したバンド・サウンド作品となった。「MOMENTS」をリリース。そして、2011年5月18日に待望の新作「BEAUTY」をリリースし、ますます多くの期待を集めている。
その他、2003年にパーカッショニスト斎藤ノブ・プロデュースのもとに集まった大人のヴォーカル・バンドVibes(ヴァイブス)に参加、2枚のアルバムを発表している。こちらには楽曲も数多く提供しており、フジテレビ系列番組「アンビリーバブル」のテーマソングにもなり話題を集めた。また、2003年、2004年連続で渡辺香津美とフォーシーズンスホテル椿山荘東京にてアコースティック・ギター・デュオ・ライブを、2005年からは和泉宏隆(PO)仙道さおり(Per)らとアコースティック・トリオ「VOYAGE」を展開させた。
最新プロジェクトとしては、天野清継とのアコースティック・ギター・デュオ「お気楽ギグ」を2008年9月からスタートさせ、2009年4月に広島・神戸・名古屋、10月には近畿・中部・東海・関東、2011年はこれらの地域に岩手を加えてライブツアーを行い、釜石の支援ライブでは多くの方からご好評をいただいた。また、2009年にはカシオペアのデビュー30周年を記念して、オリジナルメンバーであったベーシスト櫻井哲夫とアコースティック・デュオ“PEGASUS”を結成。夏から初冬にかけて全国ツアーを行うと共にライブ収録した音源と映像をCDとDVDで今年2月24日に発売、3月からは発売記念のライブツアーを行うなど新たなライブスタイルで全国を沸かせつつある。
これからも音楽的な様々なジャンルを大きく包み込む幅広い才能で、他のアーティストのプロデュース、楽曲の提供、スタジオワークと積極的に取り組んでいこうとしている。

http://www.isseinoro.com/

   
       

1956年 東京都出身。3才でピアノ、11歳でギターを始める。大学在学中に神埼オンザロードでデビュー。
渡辺貞夫グループの全国ツアーに参加したのをきっかけに本格的にプロ活動を開始。その後、自己のグループHip Pocketsで活動する傍ら、矢沢永吉、アンリ菅野、中本マリ、阿川泰子、益田幹夫、MALTA、他のライブやレコーディングに参加する。
1988年渡米。カリフォルニア州Grove School od Music作編曲家を卒業。並行して、Bernard IghnerなどのサポートメンバーとしてMichael White(Dr)、Ricky Minor(Bs)、Smitty Smith(Bs)、Wayne Lindley(Pf)、Micheal Paulo(Sax)などのミュージシャンと共に西海岸のライブハウス等で定期的に演奏活動を行う。
帰国後、1991年ファーストアルバム「AZURE」を発表。(JTピース・ライトボックスのCFタイアップ曲含)
2作目の「Branche」ではストリングスアレンジを披露。その後、ピアニスト国府弘子とのデュオアルバム「Heaven」「Heaven and beyond」を発表。
1992年、1993年連続でSWING JOURNAL誌の日本ジャズメン読者人気投票ギタリスト部門2位を獲得。
1996年には打ち込みを取り入れたハードなエレクトリックサウンドの「Yuman's Dance」をリリース。2000年10月にリリースした「Book of Colors」ではシンガーソングライターとしても、新たな一面を見せ、自らのVocalも披露。続いて「Navajo Trail」、その後自身初のジャズアルバムとなる「Silent Jazz Trio」を発表。
2006年6月に、則武裕之、松本圭司、コモブチキイチロウと共にグループ「Four Corners」でアルバムをリリース。そして2007年9月に現在最新となる初のアコースティックソロギターアルバム“In the air”をリリース。
現在、Electric Jazz Guitar Trioを結成し、都内ライブハウスで定期的に演奏活動をしている。そして野呂一生とギターデュオ“お気楽ギグ”でも活動中。
また、弦楽三重奏(1stVln、2ndVln、Viola)とアコースティックギターでストリングスユニット“November Steps”を組み、日本の楽曲を取り上げてコンピレーションアルバムのレコーディングやライブも行っている。
その後、テレビCF、番組等の音楽制作も手掛け、dorlis他、ヴォーカリストの楽曲アレンジも行っている。

http://members2.jcom.home.ne.jp/ki-amano/